ほうれい線が無いだけで印象がガラッと変わる

婦人

アンチエイジングとして

女の人

様々な治療方法

目の下のたるみは、年をとることで生じやすくなりますが、生活習慣の乱れやメイクなどによる刺激でも生じます。そして生じた場合、たとえ年齢が若くても、顔が老けて見えるようになります。逆に、目の下のたるみを改善すれば、年をとっていても若く見えるようになるということです。そのため多くの人が、目の下のたるみを改善する治療を美容外科で受けています。具体的には、たるみの原因となっている皮膚や脂肪を切り取るという治療です。また、光や振動などによる熱で肌を収縮させたり、脂肪を溶解させて体液と一緒に押し流すといった治療もおこなわれています。いずれの治療も、目の下のたるみが改善され、ハリのある若々しい目元になることから、注目されています。

幹細胞による治療

美容外科ではさらに、患者自身の幹細胞を使って、目の下の皮膚を生まれ変わらせるという治療もおこなわれています。幹細胞は全身に存在していて、各部位で新しい細胞を作り出しています。その幹細胞を体の別の部位の脂肪から採取し、培養で数万倍に増やしてから、目の下に注入するのです。これにより目の下では、多くの幹細胞が働くことになり、新しい細胞が次々に作られます。すると、たるみの原因となっていた劣化した細胞は、垢となって自然に肌から排出されていきます。それと一緒に目の下のたるみは改善されますし、シワやくすみが生じていた場合には、それらも目立ちにくくなるのです。目元の様々なトラブルを一気に解消することができるため、この幹細胞による治療にも高い需要があります。